Share
Share on twitter
Share on facebook
Share on whatsapp
Share on email

国内食肉業者向けに欧州・スペイン産牛肉を紹介する試食会イベント「スペイン産牛肉の夕べ」を開催

スペイン産牛肉の専門職間連携団体PROVACUNO(プロバクーノ、スペイン マドリード)は、「Wonderful Beef 2.0 キャンペーン」の一環で、欧州・スペイン産牛肉の高い品質と安全性を日本市場に認知してもらうことを目的に欧州・スペイン産牛肉を紹介する試食会イベント「スペイン産牛肉の夕べ」を3月31日に開催します。なお、本イベントは、商社・卸売・小売・レストラン等の食肉関連業者と業界メディアが参加可能となります。

2020年1月にスペイン産牛肉・羊肉が輸入解禁となって以降、これまで過去2度に渡って、現地のミートパッカー・食肉加工メーカーらと日本の食品関連企業によるオンライン商談会を開催してきました。

今回のイベントは、小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの料理長を務める石川篤志氏によるクッキングショーと当社のオンラインプレゼンテーションのハイブリッドスタイルで実施されます。参加人数は、人数を限定50名様(着席スタイル)までとし、徹底した感染症対策を施した上で実施いたします。

プロバクーノの経営陣がリモートで参加し、欧州生産モデルなどの重要なトピックについて説明します。日本に輸出するEUの牛肉は、動物の健康と給餌に関する規制、動物愛護、サステナビリティ(持続可能性)と環境配慮、トレーサビリティなど食品安全性を担保する厳格なこの欧州生産モデルによって管理されています。

このイベントは3月31日に小田急ホテルセンチュリーサザンタワーで行う予定です。 このホテルは、宿泊主体型のホテルとして1998年4月11日に開業いたしました。地域に根ざし、安心と快適、上質と感動を提供していく「小田急」ブランドをもち、3つの経営方針を軸に運営しています。

プロバクーノ社のインターナショナル・マネージャーであるホセ・ラモン・ゴドイ氏の欧州・スペイン産牛肉についての紹介ビデオとスピーチに続き、ワンダフルビーフの数種類のカットを使った料理ショーが行われます。

業界関係者の方のお申し込みは下記までご連絡ください。
※一般の方はお申し込みいただけませんので、ご了承ください。

「スペイン産 牛肉の夕べ」準備運営事務局
TEL: 03-5623-6550 E-mail: event@gm-group.net

このイベントのクッキングショーでは、次のような欧州・スペイン産の牛肉のいくつかのカットに焦点を当てます。

牛タン:

牛タンは、日本では何十年も前から様々な創作料理で使い用された牛肉のカットです。柔らかく、まろやかで、少し
歯ごたえのある食感が特徴だと言われています。

ストリップロイン:

ストリップロイン肉は牛の最長筋から切り出されるため、特に柔らかく、高級的な香ばしい肉質が特徴です。リブアイ:
穀物飼料で育ったヨーロッパ牛の胸郭上部を軽く処理したリブアイ肉は、風味がよく、柔らかな肉質が特徴です。脂
肪が霜降り状になっているため、素早く熱を加える調理に適しています。

Tags

RELATED CONTENT

Language switcher